美味しくて安全なお米の拡大を目指す「庄原ここだわり米プロジェクト」
庄原市では、美味しくて安全な米作りの支援に、低農薬・低化学肥料で、特色ある栽培方法をし、それを地域に広げる活動「こだわり米産地育成モデル」を2013年創設。
美味しくて安全なお米の拡大を目指して、「庄原ここだわり米プロジェクト」がスタートしています。
安全・安心でおいしいコメ作りを支援します

庄原市出典 : 広報「しょうばら」No.94 2013 年1 月発行
『うまい!庄原の「米」』庄原市農業振興課係長 松永幹司氏インタビュー

 庄原市は、県内一のコメの生産量を誇るコメ処です。昼間と夜間の寒暖差が大きく、四季の変化、水、緑に恵まれ、農産物の生産に適した環境があります。特に標高の高い地域は、良質でおいしいコメが出来るといわれていましたが、大阪のコンテストの結果は、環境にやさしい農業をペースに栽培を工夫し改良を重ねることで、標高の低い地域でも、良質でおいしいコメが出来ることを大きく示したと言えます。

そうした状況の中で、特に日本人の主食である「コメ」で食の安全・安心を守っていくことは、非常に大切なことです。安全・安心で魅力あるものづくりを進めるため、市はエコファーマーの認定や土作りへの支援を行っています。

また、JA庄原では、農薬の適正使用や栽培日誌の確実な記帳を呼びかけています。減農薬で、慣行の5割低減で栽培されたコメは、特別栽培米として通常のコメよりも高く買い取っています。平成23年度に整備した庄原育苗センターには温湯種子消毒ができる設備が整備されているため、農薬の低減につながっています。

さらに、こうしたコンクール受賞を生かすべく、市やJA庄原、県などの関係機関で組織する『農業振興調整会議米対策検討班』は、庄原産米を振興する取り組みの検討を始めています。販売戦略の検討、新たな品種「あきさかり」の試験、ブランド化を目指したこだわり米の育成を支援するモデル事業、環境にやさしい農業の推進に力を注いでいきます。
こうした取り組みの継続とコメ農家の皆さんの努力で、庄原産の「米」がさらなる躍進につながることを期待しています。

広島県庄原市ホームページ、広報しょうばら2013年1月号のページを開きます(NO.94)


koho